プエラリアミリフィカについて

プエラリアミリフィカの副作用は回避できる?安全な飲み方とは

2016/12/01

プエラリアミリフィカの副作用は回避できる?安全な飲み方とは

プエラリアミリフィカが配合されたサプリメントや商品を服用すると、副作用がでて体調が悪くなったという口コミが目にした事があるかと思います。

副作用で体調が悪くなった方の症状は、「吐き気」、「腹痛」、「頭痛」、「生理不順」、「動悸」、「むくみ」、「不正出血」などなどです。

プエラリアミリフィカの成分はバストアップ効果や美しいボディーラインを作る成分として注目されている成分です。
しかし、副作用があるならと商品を購入する事が不安になるかと思います。

安心して下さい。
実はプエラリアミリフィカ配合の商品で副作用の症状がでる場合のほとんどは、回避できるものばかりです。

そこで、プエラリアミリフィカの副作用の対処方法など解説していきます。

 

プエラリアミリフィカが副作用を起こす原因とは?

プエラリアミリフィカの副作用は回避できる?安全な飲み方とは

プエラリアミリフィカには植物性エストロゲンが含まれています。
これは、女性ホルモンに似た作用をする強力な成分となっています。

植物性エストロゲンが、体の中のエストロゲンと融合しホルモン分泌を活発にします。
ホルモンが活発化することで、乳腺の働きを活発にし、バストアップ効果に繋がるようになります。

しかし、プエラリアミリフィカの強力な効果でホルモンの分泌が普段よりも多い状態になります。
そういった場合に、体が受け付けず副作用として症状がでるという事になります。

逆に考えると、ホルモンバランスに変化が起こるということはバストアップ効果につながっている証拠でもあります。
よって、プエラリアの性質や副作用がでた場合の対処方法を知ることで、安全にプエラリアミリフィカを摂取することができます。

 

プエラリアミリフィカの安全な飲み方

プエラリアミリフィカの副作用は回避できる?安全な飲み方とは

1.プエラリアミリフィカを過剰摂取している人

プエラリアミリフィカが配合された商品で副作用が起こった人が1番多い原因は、正しい用量で摂取していない場合です。
短期的なバストアップ効果などを期待し、過剰に摂取した場合は副作用の原因となります。

プエラリアミリフィカは1日200mg~400mgの摂取が理想といわれています。

プエラリアミリフィカを過剰に摂取したからといって、バストアップ効果が上がるものではありません。
体調を崩すことで逆にバストアップ効果は落ちてしまいます。

絶対に、過剰摂取は控えるようにしましょう。

商品によっては理想的な摂取量(1日200mg~400mg)を超える商品もあります。
1日の摂取量が多い商品は控えるようにしましょう。

 

2.はじめてプエラリアミリフィカを飲んだ人

プエラリアミリフィカは強力な成分なため、はじめて飲む人は副作用になる場合があります。
はじめて飲む人は、1日の摂取量の半分、または1/3の量から飲みはじめて下さい。
体が慣れたら通常の摂取量を飲むようにしましょう。

 

3.生理中にプエラリアミリフィカを飲んだ人

生理中はホルモン分泌が低下する時期となります。
よって、プエラリア以前に、生理中は体調がすぐれない時期です。

プエラリアミリフィカは、ホルモンバランスに作用するものなので、ホルモンバランスが崩れる事で副作用の症状がでる場合があります。
よって、生理中は体調に合わせて、プエラリアミリフィカの摂取量を減らす、もしくは摂取しないようにしましょう。

プエラリアミリフィカの失敗しない安全なサプリの選び方はこちらから>>

 

-プエラリアミリフィカについて