バストアップ基礎知識

バストアップの豊胸手術はリスクがあります!

バストアップの豊胸手術はリスクがあります!

バストを大きくする豊胸手術は、絶対安全な手術とは言い切れません。
バストが小さいと悩んでいる人は、何とかしてバストを大きくしたいと思っているでしょう。
その方法の一つとして豊胸手術があります。

豊胸手術には、シリコン製のバッグを胸に埋め込むバッグ挿入法と、自分の身体の脂肪を脂肪吸引で抽出した皮下脂肪を胸に移植する脂肪注入法があります。

バッグ挿入法は、年月が経つと劣化してくるため、生涯追加で手術を行う必要が出てきます。
リスクもありますが、大きなバストを作ることができます。

それに対して脂肪注入法は、切開せずに手術ができる(脂肪吸引時には体に穴を空ける必要がある)が、極端なバストアップは望めないといった特徴があります。

問題なのは、大量に脂肪を注入してもその多くは定着せずに石灰化したり脂肪壊死したりしてしまい、硬くなるので乳がんと誤診される恐れもあります。

他にヒアルロン酸を注入するプチ豊胸という手術もあります。
これは、効果が一時的で、ヒアルロン酸が体に吸収されてしまうとまた元に戻ってしまうのでプチ豊胸と呼ばれています。

以上を踏まえた上で、豊胸手術には石灰化や脂肪壊死、合併症等のリスクが常に伴います。
よって、豊胸手術はあまりお勧めできません。

出来ることなら、豊胸手術を行うより、安全なバストアップ方法をまず試す事が必要です。

今までたくさんのバストアップ方法を試したけど、効果が出なかった女性はたくさんいるかと思います。
多くの理由は、正しい知識と正しいバストアップ方法を実践していない。
または、短期的ではなく長期的なバストケアを行っていないなどの理由がほとんどです。

胸を大きくするには、正しい方法で焦らず毎日継続的にバストケアを行う事がなにより1番の安全で近道な方法です。

-バストアップ基礎知識
-,