バストアップ基礎知識

バストアップエクササイズで簡単に胸を大きくする方法とは!

2017/04/14

バストアップエクササイズで簡単に胸を大きくする方法とは!

やわらかくてふっくらとしかたちの良いバストは、男性から見たときだけでなく女性自身にとっても美の象徴であり憧れでもあります。
でも、顔のつくりが人それぞれ違うように、バストの大きさや形にも個性があります。

中にはボーイッシュな小さめの胸がすきという人ももちろんいるのですが、豊かで形の良いバストを目指すなら、是非日常的に取り入れたいのがバストアップエクササイズです。
バストに関係する様々な筋肉を鍛えることでバストに刺激を与え、豊かな胸にする効果が期待できます。

いつでもどこでも出来る合掌ポーズでバストアップ

胸の前で両方の手のひらを合わせた合掌のポーズをとるエクササイズはバストアップに効果のあるポーズとしてよく知られています。
ヨガのポーズにもあるこの方法は、きちんとやり方を理解して行うことで胸が垂れるのを予防したりハリのある胸にする効果が期待できます。

やり方は、まずは背筋を伸ばして姿勢を良くしてから胸の前で合掌します。
このときひじは肩のラインくらいまで挙げて直角に曲げるようにします。その状態で息を吐きながら手のひら同士を押し付けあって15秒ほどキープするというものです。
1回当たり5回程度繰り返すことを1日に3セットほど行うようにします。
ポイントは腕に力を入れるというよりも胸の筋肉に意識を集中して行うことです。

腕立て伏せで腕と大胸筋を鍛えて肩甲骨を動かす

バストアップのために大胸筋を効率よく鍛えるエクササイズには腕立て伏せもとても効果的です。
一般的な腕立て伏せの場合、普段ほとんど運動しない人の場合、1回も出来ないということもあります。
そんなときには無理せず最初はひざを床につけたややソフトな腕立て伏せから行うようにします。
ひざを持ち上げた状態で行うよりも負荷が小さいので、筋力のない人でも無理なくはじめることが出来ます。

最初のうちは数回から徐々に回数を増やしてゆくようにして、最終的には普通の腕立て伏せが出来るようになるのが理想です。
また、腕立て伏せで二の腕や大胸筋などを刺激する効果があるのですが、同時に肩甲骨にも働きかけることになり、バストアップ効果が高まります。

腕立て伏せとあわせて四つんばいになって肩甲骨を動かす動きを取り入れれば、より効果が期待できるエクササイズになります。
大胸筋はバストの土台となる重要な筋肉なのですが、この筋肉を鍛えるというよりも、良い刺激を与えるという感覚で行うとより効果的です。

-バストアップ基礎知識