女性ホルモンについて

女性ホルモンを食べ物で摂取!栄養バランスで女性ホルモンアップ!

女性ホルモンを食べ物で摂取!栄養バランスで女性ホルモンアップ!

女性だったら誰しもいつまでも若々しくありたいと思うのは当然のことかもしれません。
そのために日常的にサプリを利用しているという人も少なくはありません。

女性ホルモンを増やすにはバストアップサプリが効果的だと言われています。
その理由はバストアップサプリには女性ホルモンの分泌を促す栄養素である、エストロゲンとプロゲステロンが豊富に含まれているからです。

サプリは確かに効果的ではありますが、実はそれらの効果を食べ物から摂取することも十分に可能です。
ではどういった食べ物を摂取すれば、このような効果が期待できるのでしょうか。

女性ホルモンの分泌を増やす食べ物とは

豆腐や納豆、豆乳

豆腐や納豆、豆乳

まず、手軽に食べられる食品として、豆腐や納豆、豆乳などがあります。
これらのものに含まれている大豆イソフラボンは女性ホルモンと似た働きをすることで知られています。
どれも調理する手間はそれほどかからないので、忙しい人でも手軽に食べることができます。

ビタミンE

ビタミンE

老化を防ぐビタミンと呼ばれているのがビタミンEです。
ビタミンEは卵巣を元気にする働きもあるので、積極的に取り入れてみましょう。
ビタミンEが豊富に含まれている食品にはカボチャやアボカドなどがあります。
そしてこのビタミンEは煎茶にも多く含まれているので、お茶を飲む時は煎茶にするなどすれば、意識しなくてもどんどん若返りに貢献するものを身体に取り入れていることになります。

ビタミンB6

ビタミンB6

そしてご飯のおかずだったら、是非肉よりも魚を選ぶことをおすすめします。
例えばマグロの赤身には女性ホルモンの代謝に不可欠なビタミンB6がたくさん含まれています。
ほとんどの魚にはこのビタミンB6が含まれているので、魚はあまり好きではないという女性も調理の仕方を工夫するなどして積極的に食生活に魚を取り入れるようにしましょう。

卵

見逃してはいけないのが卵です。
卵には良質なたんぱく質やコレステロールが豊富に含まれています。
是非1日ひとつは卵を食生活に取り入れてみてはいかがでしょうか。

こうして挙げてみると女性ホルモンを増やす食べ物は、思いのほかあることがわかります。
これらの食べ物をバランスよく摂取することによって身体の内側からホルモン分泌を助けることができるのではないでしょうか。
外食が多いという人でも、これらの食材を含むメニューをオーダーすることで十分にホルモンの活性化に役立てることができます。

サプリを飲むだけではなく、少し自分の食生活を見直し栄養バランスを考えることで、効率的に若さや美しさを保つことが期待できるのではないでしょうか。

-女性ホルモンについて