産後のバストケア

卒乳後に胸がしぼむ原因とは?産後に効果的な2つのバストケア法は?

2017/04/14

卒乳後に胸がしぼむ原因とは?産後に効果的な2つのバストケア法は?

平均的な胸の大きさだった人でも、妊娠をすることによって、大きな胸を手に入れることが出来ます。
Bカップだった人でもDカップやEカップくらいの大きさになっても不思議ではありませんので、今までにない谷間を作ることだって出来ます。
その大きさは出産後も続いていく事になり、赤ちゃんに授乳をしてあげることが出来るようになるのです。

赤ちゃんに授乳をしている間は、胸の大きさは大きくなったままですが、いつかは卒乳をしなくてはなりません。
卒乳をするとなると、大きさはどう変化することになるでしょうか。
お乳が作られなくなっていきますので、しぼむことになってしまいます。

しぼんでも元のBカップに戻ることが出来ればいいですが、人によってはそれ以下になってしまうことだってありますので、しぼみ方は授乳中よりもかなりのものになるでしょう。

胸がしぼむ原因は、大きくなったことによって、皮膚の伸びが生じることになり、赤ちゃんに授乳をするときに下向きに引っ張られることが原因です。

卒乳後にしぼんでしまってそのままでは産前のようにきれいな形を保つことが出来ませんので、バストケアをしていくといいでしょう。

効果的なバストケア方法は2つあります。
簡単なのは適切な下着をつけることです。

授乳中には授乳用のブラジャーをつけるようにし、卒乳後にはサイズを測りなおして新しいブラジャーを購入するようにしましょう。
卒乳後に妊娠前と同じになるかどうかはわかりませんので、サイズを測りなおさなければ、自分に合わないサイズを着用することになるので、悪影響が出てしまいます。
サイズを測りなおして自分に合うサイズを購入しなおしましょう。

そして筋トレをすることも忘れてはいけません。
大胸筋によって支えられていますので、筋肉がなければ垂れ下がってしぼむ一方になってしまいます。
筋肉を鍛えることで、きれいな形をキープしやすくなりますので、時間を見て行うようにしましょう。

効果的なのは、合掌のポーズによって鍛えたり、腕立て伏せも効果が期待しやすくなります。
一日に数回に分けて行うようにすればいいですので、無理のない範囲で行うようにしましょう。
授乳をしたことによってしぼんでしまったと言い訳にするのは、赤ちゃんに申し訳なくなります。

赤ちゃんを健康に育てるために頑張った証でもありますので、卒乳したら終わりではなくそこからもとに戻せるようにするのも自分の役目と思って行うといいでしょう。

-産後のバストケア